honos家計簿

Honos 家計簿

読んでマネして貯めていく

電気とガスをまとめることで節約になるか

電気とガスの契約をまとめることで料金が安くなるか、メリットやデメリットについてまとめました。

電気とガスの自由化

個別契約orまとめるか

個別で電気とガスを契約する方がお得になる人もいますが、まとめた方がお得になる人もいます。特に中部地方はガス業者が少ないため、まとめた方がお得になりやすいです。

解約連絡は不要

電気とガスのセット契約にすると、現在の契約は解約連絡をしなくても、おまとめ先の会社と契約することで自動解約となります。

プロパンガスの場合

プロパンガスの業者が電気も扱っていない場合、電気セットプランへの加入は難しいです。ただ、プロパンガスは業者により値段が全然違うため、まずは他社料金と比較することをおすすめします。

電気とガスをまとめるメリット

料金割引がある

契約する会社によりますが、2~3%程度料金が値引きされます。電力会社で契約した場合はガスが、ガス会社で契約した場合は電気が割引になるケースが多いです。

特典がある

1年間だけ電気かガスの料金が半額になる、ポイントが1万円単位で付与されるなど、契約するだけでお得な特典がもらえる場合があります。キャンペーンが出たタイミングで乗り換えるのが1番割引率が高いです。

管理がラクになる

契約する会社が1社になるため、帳簿の管理やトラブル時の問い合わせもラクになります。

電気とガスをまとめるデメリット

違約金があるプラン

契約期間があり途中解約すると違約金が発生する場合があります。

使用量が少ない

あまり電力やガスを使わない家庭だと逆に高くなったり、電気のアンペア数が30A以上でないと割高になる場合があります。

割引がない可能性

セット契約ができても割引自体がないプランがあります。

ひとこと

単身者は割高になる場合がありますが、一般家庭ならば割高になる可能性は低いです。価格.comなどの比較サイトで調べてみるのも手です。